持て余すマンションを貸したい要望が実現しました

マンションを購入したが多忙で活用できず貸したい

マンションを購入したものの、何かと忙しくあちらこちら行ったり来たりの毎日で、中々落ち着いて生活することができませんでした。
このままでは折角の買い物が無駄になると思い、誰か有効活用してくれる人はいないかと考えるようになりました。
売却も検討はしましたが、あれこれ悩んで決めた家なので、取り敢えず貸すことを考え手放すのは先送りにしています。
貸したいという気持ちは日に日に強まり、時間ができた時に相談先を見つけて希望を話し合いました。
賃貸マンションのニーズは常にあるとのことで、貸すこと自体は難しくないそうです。
ただ、貸したい側と借りたい側の折り合いがつかず、折角のチャンスが水の泡になることも少なくないといわれました。

折り合いがつかない一番の原因はやはり賃料で、高く貸したい側と安く借りたい側が妥協せず、お互いの譲らないのが問題とのことでした。
それを聞いた自分は何故マンションを貸すのか自問自答を行い、持て余す無駄を解消するのが目的だと改めて明確にしました。
その結果、多少賃料を相場より安く設定しても不満はなく、あっという間に借りたい人が次々に現れ始めました。
告知や募集はお任せしていましたが、最終的に誰に貸すかは自分で決めたかったので、1人1人直接会って話をしています。

マンションを購入したが多忙で活用できず貸したい賃料にこだわらなかったためすぐに借り手が見つかる同じような状況の人には貸すことの検討がおすすめ